うつ病の人と話すときに注意すること【非うつ病の人こそ知るべき】

健康

Youtubeでも解説しているので、
文字読むのがめんどくさい方は動画をどうぞ〜

あなたはうつ病の人と話したことがあるでしょうか。

もしなければ、ぜひこの記事を読んでほしいです。

この記事では、うつ病の人と話すときに気をつけるポイントを解説します。

日本では、生涯に約15人に1人うつ病を経験します。

つまり、自分の周りにうつ病の人がいる可能性が高いということです。

悩んでいる人に何気なくかけた言葉が、
相手が実はうつ病で深く傷つけてしまうこともあるかもしれません。

相手のことを思って話したつもりが、より相手を傷つけてしまうなんてあんまりですよね。

そうならないためにも、「言って良いこと悪いこと」を知っておきましょう。

What to say to someone who is depressed https://www.medicalnewstoday.com/articles/what-to-say-to-someone-who-is-depressed?utm_medium=social&utm_source=twitter&utm_campaign=social-sharebar-referred-desktop

言ってはいけないこと

・相手を非難する

・同情する

基本的に「相手を否定」したり、
「気分を悪くさせること」などは言ってはいけません。

「もっと〜したほうがいいんじゃない?」

「その気持わかるわ〜」

言っていいこと

・私にとってあなたは大切であると伝える

・どうすれば役に立てるかを考え実行する

うつ病の人を理解できなくても、思いやりの心をもって接しましょう。

無理に理解したふりをしても、相手に気づかれてしまいます。

また、「自分ができること」を考え、
相手の手助けするようなことをしましょう。

「自分にできることはある?」

「気分転換に一緒になにかしない?」

今回は、うつ病の人への接し方を解説しました。

僕がこの記事を書いた理由は、
非うつ病の人こそうつ病を知るべきだと思ったからです。

僕は幸いうつ病になったことはありません。

しかし、境遇や状況が違えば、誰でもうつ病になる可能性があります。

うつ病になる人を未然に防ぐのは難しいでしょう。

それなら非うつ病の人が「うつ」を少し知ることで、
うつ病の人の悪化を防ぐことができるかもしれません。

だからこそ非うつ病の人がうつ病について知るべきだと思い、
この記事を書きました。

この記事が誰かの役に立てばうれしいです。

ではでは〜