土屋鞄製造所の接客に感動した話

面白い体験

レザーバッグ。

男である以上、人生で一度は高級なものを買ってみたい。

本当に気に入ったバッグを5年、10年と使いたいのは私だけでしょうか?

一度買いたい衝動に駆られたら、店という店を探し回るしかありません。

けど、高級バッグなんか買ったことない初心者が好きなバッグを選ぶのって難しいですよね。

私も全く同じでした。

新宿、横浜の高級ブランド店を巡ること15店舗以上。

「もう自分に合ったバッグを見つけるのは無理なんじゃないか。」

と思って最後に入ったお店。

それが土屋鞄製造所でした。

注意点
今回のお話は僕の正直な感想を書いていますので、かなりフランクな表現の文章になっています。「土屋鞄製造所」様に失礼のないように気をつけたつもりですが、ブランドのイメージと合わない文章を不快に感じてしまいそうな方はお手数ですがブラウザバックをお願いいたします。

手書きのカードを貰った

バッグのお店のイメージって横文字が多いですよね。

読めなくて毎回調べちゃうのって僕だけなんでしょうか。

カタカナのお店が多いなか、やたら目立つ名前が目に入りました。

土屋鞄製造所

名前からして渋そう。

「自分には大人すぎるかなぁ。」と思いつつも入店。

店内をぐるぐる回っていると、目につくものが。

自分が探していたレザーのショルダーバッグ。

しかも、理想の大きさ。

見た瞬間、一目惚れでした。

ジーっと見ていると、

「ご試着なさいますか?」

女性の店員さんに声をかけられました。

展示されているバッグを勝手に試着できないチキンな僕にはありがたい限りです。

試着してみた感想。

(あれ、これ今まででベストじゃない?)

  • 見た目
  • 大きさ
  • 体へのフィット感

どれをとっても自分好みでした。

先ほどの店員さんも

「似合ってます!」

とのこと。

こういうときってお世辞とわかってても嬉しいですよね。

色がブラウン、こげ茶の2種類あったので、両方見せてもらいました。

うん。どちらも好き。

さて、迷いました。

2つ買うのは完全に予算オーバーです。

悩みに悩んだ結果、僕の出した結論が

保留

ごめんなさい。でも決められないんですよ。

だって、本気で10年以上使う気なので。

店員さんにも今日は帰ると伝えました。

そしたらバッグの名前がメモしてあるカードを渡してくれました。

ブランドのお店って、こんなステキなサービスがあるのですね。

そして、店を出ました。

2時間後、あることに気がつきました。

先ほど受け取ったカードに何か書いてあります。

え、手書きまでしてくれるの…?

ビビりました。本当にびっくり。

15店舗以上回りましたが、こんなの初めてでした。

というか人生でも初めてです。

(あ、もうここで買おう。)

と誓いました。

店員さんからすれば、なんてことのない文章だったのかもしれません。

ですが、僕の中では革命が起きていました。

客に対して、これほど丁寧な対応。

手書きで書いてくれる効果ってすごいんだなぁ。

と、なぜか一周回って冷静に考えていました。

ということで今回は(前置きが長すぎる)

土屋鞄製造所の接客に感動した話を書いていきます。

え、もう終わりじゃないのかって?

違うんですよ。ここからが本題です。

今までの話だって僕からすれば、かけがえのない体験なのですが、

今回は続きまであります。

バッグ購入後にも驚きの展開がありました。

オンラインでバッグを購入

店員さんから受け取ったバッグの名前が書いてあるカードを参考にしつつ、無事オンラインでバッグを購入。

結局、悩んだ末にブラウンにしました。

無事に届いて、早速使おうと思いましたが

いや、待てよ。

あれほど丁寧に接客していただいて、

手書きのメッセージまで受け取って、

お礼の電話とかした方が良いのでは?

高級ブランドのお店では、そういうルールがあるのかもしれない(錯乱)

それとは別で、素直に感謝を伝えたい気持ちは強くあります。

「人生でTOP3に入るくらい良い買い物だった」と本気で思っているので。

でも、急にお礼して「何この人?」ってならないかな。

そんな不安が脳をよぎります。

なんとか変に思われないように感謝を伝えたい…

そうだ!

「バッグのケア用品を買いたい」という話を全面に出しつつ、感謝を伝えれば良いのでは?

はい、天才です。

さすが過去に数学の偏差値を倍にした男、僕です。(25→50)

そうと決まれば、さっそく電話。

正直、テンパってあまり記憶がないのですが。

  • 前に来店した
  • スタッフさんの対応がとても良かった
  • オンラインでバッグを購入した
  • あれほど気持ちよく買い物ができたのは初めて
  • 来週お店に伺ってケア用品を購入させていただく

と、なんとか伝えられました。

お店の方、ビックリされていたら申し訳ございません。

でも、まぁ伝えたいことは言えたと思うので良かったです。

そして、電話した日の5日後にお店に伺いました。

再び土屋鞄製造所へ来店

やってきました。

正直、我ながら自分を「変な客だな」と思うのですが、

なぜか感謝の気持ちで溢れていたのですよね。(怪しい団体に入らないか心配)

店に入って、スタッフさんにケア用品を買いにきたと伝えました。

すると、スタッフさんが奥に行き、前回の店員さんを連れて来られました。

はい。以前の電話で、前回の店員さんがお店にいる時間を伝えられたので、時間を合わせて来店しました。

都合がついて良かったです。

前回のメッセージのお礼もしたかったので。

直接お礼を伝えたら、店員さんも喜んでくれました。

うん。やっぱり高級ブランド店では、次からもお礼をしよう。

その後、ソファに案内していただき、バッグのケアのお話を丁寧に説明してもらいました。

ここでレザーバッグのお手入れに関する豆知識をご紹介します。

  • 革製品は馬毛のブラシが良い
  • 防水スプレーはフッ素入りにする
  • 使わない時は、ぶら下げずに床に置いた方が良い

ふふふ、僕も知識がつきましたよ。

え、そんなの知ってるって?

きっとあなたはレザーソムリエの資格を持っているのでしょう。

詳しい方は革について教えてくれると嬉しいです。ご飯くらいなら奢りますよ。

豆知識の情報も教えてもらいつつ、ケアのお話を聞きました。

そして、時間が過ぎていき…

バッグのケアの説明で2時間

勉強になる話をメモりながら聞いていたら、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

最大限の感謝をしつつ、申し訳ない気持ちもありました。

僕1人のためだけに2時間ですよ?

さすがに客1人に対応する時間をオーバーしていると思い

「すみません、こんなに長く説明してもらっちゃって…」と伝えると

「いえいえ、こんな熱心にバッグについて勉強してくださる方は、こちらとしても、とてもありがたいので。最近は、オンラインでバッグを購入される方が増えています。そんな中、実際にお越しいただいたお客様には、最大限ご満足いただけるようにしております。」

土屋鞄製造所の店員さん

たまげました。

土屋鞄製造所様。本当にありがとうございます。

ここでバッグを購入して本当によかった。

ずっとお付き合いさせていただきたい。

心からそう思いました。

とても丁寧に1から説明していただき、悩みは全て解決しました。

そして僕はケア用品を無事に購入。

お会計を待っている間にも、店内で様々な商品の説明をしていただきました。

  • 土屋鞄にあるバッグの名前の由来
  • 革の作り方(ちょっとショッキング)
  • おしゃれなブックカバーのプチ情報

自分が知らない世界ばかりで、とても勉強したくなりました。

レザーソムリエという資格も初めて知り、興味を持ちました。

レザーソムリエになると、以下のような特典が貰えます。

  • 賞状
  • 認定バッジ
  • 認定カード
  • 革の工場見学

面白そうなので、公式サイトでテキスト買ってみようと思います。

土屋鞄製造所はこんな人におすすめ

  • 思いきって高いバッグに挑戦したい人
  • 初めてレザーバッグを買う人
  • よく理解してからバッグを買いたい人

バッグも大満足で、最高の買い物でした。

僕はお金に余裕ができたら、また絶対に買いに行きますね。

実はバッグを購入した後、写真を撮ってもらいました。

※お店の方に許可をいただいております

ケア用品を買った後、感謝の気持ちを熱く語ってしまいました。

あまりいないタイプの客だと思うので、お店の方にはご迷惑をおかけしたかもしれません。

しかし、どうしても「ありがとうございます」と伝えたかった。

ブログの記事にしてよいかお聞きしたところ、「大丈夫ですよ」と返事をいただけたので情熱的な文章を書いています。笑

土屋鞄製造所の方々、本当にありがとうございました!

帰る際にいただいた名刺に、またしてもメッセージが。

はい。僕は永遠のリピーターになるでしょう。

今後もバッグの修理や購入の際は、よろしくお願いいたします。

もし、今バッグを購入しようと思っているなら、ぜひ一度お近くの土屋鞄製造所に足を運んでみてはいかがでしょうか。

追伸

勢いで感情を書いてしまったため、お見苦しいところがありましたら申し訳ございません。ただ、僕の心から思った気持ちを伝えたかったので、温かい気持ちで見ていただければと思います。

  • 面白かった
  • バッグを買いたくなった
  • 土屋鞄製造所さんに失礼だろ

等があれば、ぜひご連絡ください。感想をいただけたら泣いて喜びます。

また、革について面白い本や情報がありましたら、教えていただけると嬉しいです。

ここまで読んでいただき、ほんとうにありがとうございました。





余談ですが、ケア用品の説明のとき、ずっと笑っていました。楽しくて笑

  • オーク
  • やばい
  • DE LUXE

ここら辺の話は忘れられないなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA