ストレスがたまった身体を【リラックスできる】科学的方法

この記事がおすすめの方

■ ストレスがたまっている

■ 不安を感じることが多い

■ 悩みが絶えない

「人間関係」や「自分に自身がもてない」ことから、
不安やストレスを感じる人がいると思います。

今回は、そんな疲れきった身体をリラックスさせる方法を紹介します。

リラックスする方法は膨大な数ありますが、
なるべくすぐ試せる7個に限定しました。

個人的ではありますが、かんたんに実践できるランキング形式で解説します。

1暴言を吐く

2017年の研究によると、汚い言葉を叫ぶことは
「痛みやストレス耐性」に役立つことがわかっています。

「クソが!!!!」

「ふざけんな!!!!」

ストレスを感じたときに、我慢せず思いっきり叫んじゃいましょう。

人に対して言うのは喧嘩になるのでおすすめしません。

1人のときに叫ぶのをおすすめします。

2笑う

「ストレスがたまって笑えないから困ってんだよ!」

そんな声が聞こえてきます。

はい、落ち込んでるときに楽しむことは難しいですよね。

では、つまらなくてもいいので笑ってみてください。

2012年の研究によると、
強制的に作り笑いをすることはストレスを減らすことがわかっています。

バカみたいな話ですが、心ではつまらなくても、
笑っているだけでストレス解消になります。

心から楽しむ必要はないので、ぜひニヤニヤしましょう。

3ガムを噛む

2009年の研究によると、チューインガムを噛むと
ストレスの低下」「ネガティブな気分の改善」させることがわかっています。

これからはガムを持ち歩き、
ストレスを感じたときに噛んでみるのはどうでしょうか。

4心地よい音楽を聴く

2013年の研究によると、ストレスを感じたときに、
クラシックのように落ち着いた曲」「水の流れる音」
を聞くことでストレス解消に役立つことがわかっています。

川に行ったり、Youtubeで水の音を聞いてみるのはどうでしょうか。

5果物と野菜を食べる

2012年の研究によると、果物と野菜を多く食べた学生は落ち着いていて、
気分が良い
傾向がありました。

逆に野菜をあまり食べない学生はストレスを多く感じました。

「外食が多い」「栄養が偏ってる」食事をしている人は、
果物と野菜を多く食べてみましょう。

ついでに健康にも良いです。

6落書きをする

落書きは、なんとアメリカの歴代大統領もやっていました。

彼らは、僕たちからは想像もつかないほどストレスを抱えているでしょう。

そんな人たちが試していたと知ったら、やってみる価値はありそうですね。

難しい絵を描く必要はありません。

ストレスがたまった時、いらない紙にささっとなにか描いてみましょう。

7人に親切にする

僕たちはストレスを感じている時ほど、自分のことばかり考えてしまいます。

しかし、そんなときこそ他人に親切にしましょう。

2008年の研究によると、人に与える行為は
「ポジティブな感情に関わる脳の場所を活性化させる」「気分を高める」
「ストレスを緩和させる
」効果があることがわかっています。

人に親切にして気分が良くなったことってありますよね。

「落とし物を拾うのを手伝う」

「道案内をする」

小さなことから始めてみましょう。

「人を動かす」で有名なデール・カーネギーもこう言っています。

「幸福になりたければ、やれ恩を返せだの恩知らずだのと言わないで、
人に尽くす喜びだけを生き甲斐にしようではないか。」

便利な社会である反面、ストレスを抱える人がとても多くいます。

ほどよいストレスも必要ではありますが、
抱えすぎて体を壊してしまっては元も子もありません。

適度なストレスと付き合っていくためにも、
今回のリラックス方法を試してはどうでしょうか。

参考:https://bestlifeonline.com/strip-away-stress-30-seconds/

https://www.theatlantic.com/magazine/archive/2006/09/all-the-presidents-doodles/305115/
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/19268676/
https://science.sciencemag.org/content/319/5870/1687
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3734071/
https://www.keele.ac.uk/pressreleases/2017/newresearchfindsswearingcanmakeyoustronger.php
https://ourarchive.otago.ac.nz/handle/10523/2158?show=full