孤独による疲れの症状と対策法 【孤独は人生の敵】

健康
https://youtu.be/IP-Q8SCQ8NA

Youtubeでも解説しているので、
文字読むのがめんどくさい方は動画をどうぞ〜

リモートワークが進み、
人に会えず寂しいですよね。

今後もまた自粛になる可能性もあります。

そうなると、また孤独感を味わうことになります。

孤独感が原因で、
知らない間にあなたの身体はひどく疲れているかもしれません。

この記事では、
「孤独による疲れの症状」と「対策方法」を紹介します。

Why You Might Be Experiencing Quarantine Fatigue—and How to Deal with It 

https://www.shape.com/lifestyle/mind-and-body/quarantine-fatigue?utm_source=twitter.com&utm_medium=social&utm_campaign=social-share-article

症状

・身体の疲れ

・怒りやすい

・不眠症

・不安

・無気力

・感情が不安定

・孤独感

・絶望

・うつ病

このような症状が続くと、
「現実逃避」や「ネガティブ思考」
となってしまう可能性があります。

具体的な行動として

・飲酒

・ダラダラスマホやテレビを観る

・人と距離をおく

・仕事や遊びに集中できない

・ベッドから出ない

・自分を否定する

などがあります。

このネガティブスパイラルが始まると、
抜け出すのはかんたんではありません。

そうならないためにも、
対策をしっかりしましょう。

対策方法

1できることから始める

2悩みを口に出す

3得る情報を制限する

4自分でルーティンを作る

5自分がやるべきことを選ぶ

6深呼吸や瞑想をする

7人生の目的を考える

8希望を持ち続ける

1できることから始める

自主的に行動をすることが重要です。

ハードルを下げて、
できることをやってみましょう

例えば

・健康な食事をとる

・水を飲む

・家族や友人に連絡を取る

・読書をする

・散歩をする

自分が「かんたんにできる」
と思うことから始めましょう。

2悩みを口に出す

専門家、家族、友人に「辛い」と話してみましょう。

そこで予想もしないアドバイスをもらえたり、

気持ちが軽くなるかもしれません。

3得る情報を制限する

あなたがなんらかの情報を見て悩んでいる場合、
情報を見ることを制限したほうがいいかもしれません。

その情報はあなたにとって「必要」なのか、
しっかり考えてみましょう。

4自分でルーティンを作る

もし、毎日することがバラバラなら
「やることを決める」ことをおすすめします。

僕の場合、「朝起きたらすぐ散歩をする」と決めて、
そこから1日が始まります。

ゲームのログインボーナス的なノリでやってみましょう。

5自分がやるべきことを選ぶ

1日に使えるエネルギーには限りがあります。

優先事項を作り、
自分が本当にやることを整理しましょう。

それをルーティンに組み込むのもアリですね。

6深呼吸や瞑想をする

怪しいと思う人もいるかもしれません。

しかし、これは僕も本気でおすすめできます。

無料」で「10分」ほどで「いつでもどこでも」できる。

こんなコスパがいい行動は他にありません。

7人生の目的を考える

こんなこと考えたことがない人がほとんどでしょう。

これをいい機会として、ぜひ考えてみてください。

ちなみに僕は、

「自分が健康で、自分に関わる人を笑顔にさせる」

と本気で考えています。

はい、どうでもいいですね。

8希望を持ち続ける

どんなことがあっても、希望を失ってはいけません。

最後に僕の好きな名言をおいておきます。

「財産を失っても痛手は少ない。健康を失うと痛手は大きい。
勇気を失うと、それこそ取り返しがつかない。」

作者不明

リモートワークが進めば、
孤独になる人が増えてしまうかもしれません。

孤独は一時的には必要ですが、
ずっと耐えられる人はいないですよね。

僕は好きなTEDの動画があります。

「What makes a good life? Lessons from the longest study on happiness | Robert Waldinger」

良かったらぜひ調べてみてください。

良い人生を作るのに必要なものは「良い人間関係」だそうです。

自分が本当に大切に出来る人を見つけていきましょう。

ではでは〜