HIITを1年続けたらこんなに痩せた【成果を画像付きで紹介】

ダイエット

「HIITをやれば痩せられるの?」
「短時間でできるって本当?」
「食事制限はしたくない!HIITだけでも痩せられる?」

このような悩みを抱えていませんか?

社会人になってから仕事が忙しくて運動不足になり、気がつけばお腹がポッコリ膨らんでしまった人もいるのではないでしょうか。

僕も太っているわけではないのにお腹が出ていた時期があります。「どうすれば腹筋を割れるんだろう…」と考えていたとき、メンタリストDaiGoさんの動画に出会いました。

「HIITという運動は1日4分から始められて、効果的にお腹をへこませられるらしい。」

自分で詳しく調べながらHIITを始めて、1年が経ちました。噂になってるHIITを1年間継続した結果を発表します。

結論から述べると、HIITは確かに痩せます。

しかし、HIITをするからといって他の生活がめちゃくちゃだと痩せるのは難しいかもしれません。

僕の場合は、HIITを続けていくなかで食事にも気を使ったため、ハッキリとした結果が出ました。

この記事では、HIITの効果が気になる人へ向けて

  • HIITを1年実践した成果
  • 実際に試したトレーニング方法
  • 痩せた以外に体と心に起きた変化

について解説していきます。

ぜひ最後までお読みください。

1年間HIITを続けたら痩せた!【成果を発表】

HIITを1年続けた結果、見た目からハッキリわかるレベルで痩せました。

画像付きで結果を発表していきますね。

【HIITで痩せた体を披露】画像2枚付きで紹介

Before

一般的な成人男性の体型ですね。

胸よりお腹がポッコリ出ています。

そして1年後の姿がこちらです。

after

ハッキリ痩せた感じがしませんか?

お腹周りのムダな脂肪がスッキリとれて、腹筋が割れました。

さらに、お腹がへこんだので、相対的に胸筋がついたように見えます。

正直ここまで大きな変化があるとは思わなかったので、とても嬉しい!

次に、数字の変化を見ていきましょう。

【体脂肪率–5%】HIITをして何kg痩せた?

HIITを始める前に以下の3つを測っておき、1年後に再び計測しました。

  1. 体重
  2. 体脂肪率
  3. 筋肉量

参考までに、僕の身長は171cmです。(盛ってませんよ?)

体重

体脂肪率

筋肉量

数字で見てもハッキリ違いがわかるくらい、痩せて筋肉がつきました。

表にしたので、ぜひ見比べてみてください。

開始前1年後
体重66.6kg64.5kg
体脂肪率14.3%9.1%
筋肉量54.1kg55.6kg

驚きなのが体脂肪率が5%も減って、筋肉量が1.5kgも増えたこと。

ちなみに市販の体組成計で計測しました。

体組成計は100%信用できるわけではありませんが、参考程度にはなるでしょう。

開始前の僕のBMIは、22.7と普通の体型でした。体脂肪率も平均レベルなので、ポッコリお腹が気になる一般的な人でも参考になると思います。

HIITとは?【痩せたい人におすすめな理由】

僕が1年間にわたって取り組んできたトレーニングを紹介します。

といっても内容は本当にシンプルなので、ほとんど覚えることはありません。

まずはHIITを詳しく知らない人のために、ざっくり紹介しますね。

英語だと「High Intensity Interval Training」の略で、頭文字を取ってHIITと呼ばれています。

日本語では、高強度インターバルトレーニングという意味です。

インターバルトレーニングは、短時間に運動と休憩をひたすら繰り返すトレーニング方法になります。

高強度とは、運動のメニューをキツいトレーニングに変更したものです。
シャトルランをイメージしていただくとわかりやすいと思います。

「タイマーが鳴る前に20m走って10秒くらい休む」を繰り返すかなりキツいあれです笑

HIITは、短時間で心拍数が上がるため、とても苦しく感じる運動方法になります。

苦しい反面、短時間で効率良く運動できると多くの人がおすすめしています。

僕は、メンタリストDaiGoさんの発信でHIITを知りました。

その後、自分で調べたときに1番勉強になったのは「脳を鍛えるには運動しかない」という本です。

この本には、運動が体や脳にもたらす良い影響が書かれています。知識をつけるメリットは、運動へのやる気が上がることです。

僕も最初はダイエットのために運動をするつもりでしたが、痩せつつ頭が良くなったり、ストレスを抑えられたり、自信がつくと知り、モチベーションが上がりました。

HIITを挫折しないためにも、興味がある方はぜひご一読ください。

HIITの効果【4分の運動で痩せた体が手に入る】

ダイエットのトレーニングでHIITを選ぶメリットは2つあります。

  1. 運動時間が最短4分と気軽に始められる
  2. 脂肪が燃えやすい体になる

短時間で始められて、痩せられる。めんどくさがりの僕にピッタリでした笑

そもそも運動を始めるのってハードル高くありませんか?

例えば、外で運動する場合、運動しやすい服に着替えて、靴を履いて外に出て、場所を選んで、みたいに工程が多いですよね。

HIITなら室内で取り組めるメニューもあるので、めんどくさがりな人にこそおすすめします。

僕が取り組んだ田端式HIITとは?

HIITの種目は、かなりの数があります。

  • ランニング
  • エアロバイク
  • スクワットジャンプ
  • バーピージャンプ
  • インターバル走
  • マウンテンクライマー

などなど、他にも複数あります。

自分が取り組めるメニューを選べば良いので、気になるトレーニングがあったら調べてみてください。

僕は、バーピージャンプを選びました。

バーピージャンプの流れは以下の通りです。

  1. 直立の姿勢で立つ
  2. ジャンプをする
  3. 着地してすぐ腕立て伏せの姿勢になる
  4. 腕立て伏せを1回する
  5. 足を手の近くに引き寄せる
  6. 直立の姿勢に戻る
  7. これで1セット、以下1へ戻り、繰り返す

僕は、このバーピージャンプをタバタ式HIITというトレーニング方法で実践しました。

「タバタ」とは、立命館大学の田端泉教授が開発したトレーニングのため、そう呼ばれています。

僕が取り組んだタバタ式HIITは、具体的に以下の流れです。

  1. 20秒間、5回バーピージャンプ
  2. 10秒間、その場でウォーキング
  3. 1.2の30秒で1セット
  4. 上記を8セットおこなう

合計4分でできるため、非常に効率よく運動ができます

初めてHIITをしたときは、4分運動したら立ち上がれないほど疲れました。

僕は、野球10年間、ダンス7年間してきたので運動には自信があったため「こんなに疲れるのか…」とビックリした記憶があります。

運動習慣がない人は、まずは半分の4セットを目標にしてもよいでしょう。

自分の体力と相談して、チャレンジしてみてください。

ちなみに僕は1年間HIITを続けた結果、12セットまでできるようになりました。

体力に自信がない人でも、続ければ8セットできるようになると思います。

HIITを続けて体に起きた4つの成果【痩せた以外の変化も紹介】

1年間HIIITを続けた結果、僕の体と心には4つの変化がありました。

【HIITを続けて体に起きた成果1】ハッキリと目に見えて痩せた

冒頭で述べたように、HIITを始めたら見た目が大きく変わりました。

体重が2kg、体脂肪率が5%減り、筋肉量が1.5kg増えるという最高の結果へ。

「1年もかかって成果はそれだけ?」と思われる方もいるかもしれません。

しかし、僕はハッキリ述べたい。

今まで野球やダンスと多くの運動してきたけど、こんなにハッキリ痩せたことないから!

10年以上スポーツをしても割れなかった腹筋が、1年HIITを続けただけで割れました

また、HIITに加えて、食生活を変えたことも痩せた理由の1つだと思います。

しかし、食事だけで筋肉量が増えるのは考えられないため、今回の成果は間違いなくHIITのおかげです。

実際は、HIITを始めて2ヶ月くらい経過すると、お腹がへこみ始めたのを感じました。

【HIITを続けて体に起きた成果2】健康的な食事に興味を持った

僕だけかもしれませんが、HIITを始めてから食事にも強く興味を持つようになりました。

痩せるためにHIIT以外で効果が出るものを探したからです。

本やネットで勉強した結論として、具体的に僕が行った食事法は大きく3つあります。

  1. 半日断食
  2. 野菜、果物の摂取量を増やす
  3. ジャンクフードを食べない

HIITと食生活の改善を取り組んだから、腹筋が割れるくらい痩せることができたと思います。

【HIITを続けて体に起きた成果3】ハードな運動が好きになった

HIITをするにつれて、運動に対する意識が変化しました。運動するときに「めんどくせぇ…」から「よしサクッとHIITやろっ!」と、運動に対して前向きな気持ちになりました。

HIITは室内で4分から始められるので、ウォームアップとクールダウンを含めても15〜20分しかかからないんですよね。

短時間でできるので、めんどくさがりの僕でも続ける事ができました

例えば、ランニングの場合、外に出ないといけないじゃないですか。ウォームアップとクールダウンを含めたら少なくても1時間くらいかかりますよね。

結局「外に出るのめんどくせぇ」となって、運動しないで1日が終わってしまいます。

HIITだと「キツいけど、20分くらいならがんばろうかな。」と思えるので、運動への抵抗が減りました。

続けていくうちに、辛い瞬間を乗り越えるのにハマり、疲れる運動を好きになれました。

【HIITを続けて体に起きた成果4】努力ができる自分に自信がついた

HIITは、かなり自分を追い込むので、終わった後は達成感で満たされます。

運動の気持ちよさもありますが「あの激しい運動を耐えきった自分は偉い!」という自分に対する誇りが大きいです。

HIITが肉体的に辛いのはもちろんですが、精神的にもキツいですよね。

残り2セットになると「もう限界…やめたい…」という考えが頭をよぎります。

限界と感じる状態を乗り越えられると、達成感が自信へ変わります

僕の場合は、辛いときに意外とがんばれたので、前よりも努力できる自分が好きになれました。

今すぐ痩せたい人がHIITを始めるときの注意点

今までの内容を見て「さっそくHIITやってみようかな」と思った方もいるかもしれません。

しかし、HIITを始める上での注意点があります。

HIITのみで痩せるのは難しい

HIITを継続した結果、たしかに僕は痩せました。

しかし、HIITだけ取り組んで痩せるかといわれると、難しいかもしれません。

例えば「週3回HIITをやるけど、肉もジャンクフードも好きに食べて酒も飲む。」

このような人は、痩せるのは厳しいです。

というか体に悪いので、むしろ太る可能性すらあります。

痩せたいのなら、HIITをするからといって食生活を乱さないように気をつけてください

HIITは足音がうるさい

HIITは激しい運動なので、足音が響きます。

集合住宅などで壁が薄い人は、近所に迷惑をかけないようにしなければいけません。

おすすめは運動用のマットを買うこと

長く使えて、2,000円程度で購入できるのでぜひ試してみてください。

【HIITを1年間続けた感想】痩せたから大満足

HIITを1年間実践したのですが、人生で初めて腹筋が割れました。目に見えて効果がわかるまで2ヶ月ほどかかりましたが、大満足です。

  • とにかく痩せたい人
  • 他のダイエットを挫折したことがある人
  • 運動の時間が確保できない人

以上の人には、とてもおすすめします。

しかし、最初の時期は本当に辛いです。

4分でできるけど、最後の1分は半泣きになります。運動経験がある僕でも、初期の頃は倒れそうになっていました。

ぜひ自分の体と相談しながら取り組んでみてください。

僕も今後の成長記録を報告していこうと思います。

僕がHIITを続けて痩せたのは勉強したから

僕がHIITを1年間続けられたのは、痩せられる以外の運動の魅力を理解してモチベーションを上げられたからです。

最初は痩せられないので、目的が痩せるのみだと成果がわかりにくく挫折してしまいます。

僕が挫折しなかったのは「脳を鍛えるには運動しかない」のおかげです。

この本は、あなたの知らない運動のメリットが非常にたくさん科学的に書かれています。

  • お菓子を食べたい欲望に打ち勝てる
  • ダイエットで感じるストレスを発散できる
  • 集中力を向上させる
  • ダイエットに失敗する不安を消して前向きになれる

運動のメリットを知っているだけで、ダイエットに失敗する確率が下がります。

辛いHIITそのものが自分を変える行為だとわかり、未来に希望を持てるからです。

運動の知識が、あなたのダイエットをサポートしてくれるでしょう。

過去にダイエットを失敗した経験がある方は、ぜひ一度読んでみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA