ゲームは健康に悪影響がある!?【悪いのはゲームじゃなくてあなたです】

健康

Youtubeでも解説しているので、
文字読むのがめんどくさい方は動画をどうぞ〜

あなたはどんなゲームが好きですか?

最近は、テレビからスマホまでありとあらゆるゲームがあります。

一度くらいはゲームにハマったことがある人も多いでしょう。

しかし、若いときにビデオゲームにハマると、
運動や食事に悪影響を及ぼすかもしれないのです。

今回の記事では、ゲームが健康に悪影響である理由を解説します。

Video Games May Sabotage Fitness Among College Students https://consumer.healthday.com/kids-health-information-23/video-game-health-news-786/video-games-may-sabotage-fitness-among-college-students-758095.html 

こちらの記事には、ゲームをする若い人(18〜24)にはある特徴があると指摘しています。

ゲームをする人の特徴

・飽和脂肪とナトリウムを多く食べる

・塩辛いスナックをよく食べる

・果物や野菜を食べる量が少ない

・運動量が少ない

これらの特徴は、健康によくありませんね。

こういった習慣が続く場合、
後に「体重増加」や「慢性疾患」のリスクにつながります。

慢性疾患とは、高血圧・糖尿病・高脂血症などです。

この症状は、若いときはあまり見られません。

しかし、年をとってから問題となります。

そのためには、若いときから悪い習慣を変えるべきです。

思春期と成人初期にみにつけた習慣は一生残りやすいといわれています。

若いときから習慣をみにつけ、ゲームも健康も手に入れましょう。

今回はゲームが健康に悪影響を及ぼすことを解説しました。

ゲームは今後もどんどん進化していくでしょう。

それにつれて、ゲーム人口も増えていく可能性があります。

そして悪い習慣を続けた場合、病気になる人も増えてしまいます。

だからこそ、食事や運動の習慣をみにつける必要があります。

あなたはゲームをして悪い習慣をしていませんか?

この記事がみなさんの役に立てばうれしいです。

ではでは〜