人生を変えたい人へ「必要な期間はたった6週間」

jplenio / Pixabay
人生を充実に

 

 

何もやりたいことがない。

人生変えたいけど、
何をしていいかわからない。

時間はあるけど、することがない。

そんな風に思っている方、いませんか?

 

 

 

 

 

この記事では、そんな人生を変えたいと思っている方に役立つ方法を紹介します。

 

目次 

1. カリフォルニア大学による6週間で人生を変える方法

2. 7つのやるべきこと

2-1. 食事は3つのことを意識する

2-2. 睡眠時間を8~10時間とる

2-3. 朝起きてストレッチを1時間する

2-4.瞑想を1時間する

2-5.人に親切にする

2-6.週6回、様々な運動をする

2-7.1.5時間の勉強

3.人生を変えましょう

1. カリフォルニア大学による6週間で人生を変える方法

正直、「人生を変える」ってうさんくさいと思いますよね。

言い方を変えてみると

人生を変える=人生で必要な能力が向上する

ということです。

しかし、そんな簡単に変えられることはなく、

1日約5時間必要で、6週間継続する必要があります。

ただ、じかんを減らしても効果はあるようですし、毎日続けることが大事です。

では、向上する能力から見ていきます。

根拠となる論文は下記のページになります。

https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fnhum.2016.00117/full

この方法では、6週間実践することにより、人生を楽にする能力が大きく向上します。

その向上した能力とは、

・ストレス耐性

・気分、自尊心の改善

・持久力

・身体の柔軟性

・集中力

・自己効力感

この他にも、気まぐれが減ったり、トリグリセリドレベル(心臓病や糖尿病に関連する血中脂質)の低下、なんと人生の満足度までもが改善したそうです。

これらは、生きていく上で必要な要素ですよね。

では、一体何をすれば良いのか見ていきましょう。


2. 7
つのやるべきこと

やるべきことは大きく7つあります。

1.食事

2.睡眠

3.ストレッチ

4.瞑想

5.親切

6.運動

7.勉強

順番に見ていきましょう。


2-1.
食事は3つのことを意識する

・加工食品を食べない

・アルコールは1日一杯まで

・炭水化物は運動後に制限する

2-2. 睡眠時間を8~10時間とる


2-3.
朝起きてストレッチを1時間する

ストレッチをやるときは、息を吸って吐く動作を1分間に5回ほどにします。


2-4.
瞑想を1時間する

瞑想は2つから選びます。

・集中瞑想

・慈悲の瞑想

集中瞑想は、1つの感覚に集中して瞑想するやり方です。例えば、呼吸や歩行しているときに1つの部位に注意を向けて瞑想します。

慈悲の瞑想は、思いやりや親切なおもいをまず自分自身、次に愛する人、知人、

最終的には見知らぬ人へ向けて瞑想するというやり方です。


2-5.
人に親切にする

11回誰かに親切な行為をします。


2-6.
6回、様々な運動をする

1.5時間のピラティスを週2

1.5時間のヨガ週1

・週1回体重サーキットトレーニング

・週2回高強度インターバルトレーニングトレーニング

1回休んで、他の日は激しい運動か軽い運動を週3回ずつ行います。

 

2-7.1.5時間の勉強

 

毎日、「睡眠、栄養、運動、マインドフルネス、思いやり、人間関係、幸福」

のどれかに関する勉強をします。

 


3.
人生を変えましょう

条件をまとめると

・朝のストレッチ1時間
・瞑想1時間
・運動(ヨガ、ピラティス1.5時間)
・勉強1.5時間

日にもよりますが、合計約5時間です。

ただ、毎日5時間はきつい場合、時間を減らしたり、自分なりに工夫しても効果はあるそうです。

また、やるべきことを同時にすることが重要なので、時間を減らしても、1日全てのことをやることが大事です。

たった6週間努力するだけで人生が変わります

人生がより良くなると思えば、こんな効率的なことがあるでしょうか!

しかし、ここまで見ても、「本当に効果あるの?」と思う方もいるかもしれません。

そういう方のためにも、僕自身が実際にやってみようと思います!
僕がやって効果を伝えることができれば、信ぴょう性もあると思います。

途中経過なども、随時更新していきます!

また、僕なりに工夫したところなども、このブログで伝えていければなと思います。

 

 

【追記】

このプロジェクトをやる前の準備期間について記事を書きました。

6週間で人生を変える方法を事前に試してみた