人が死ぬ間際に後悔することは

人生を充実に

 

過去のできごとを後悔していますか?

 

僕は思い出そうとすれば、永遠と後悔が見つかります。

 

「あんなこと言わなければよかった。」

 

「あのとき行動しておけばよかった。」

 

僕以外にも、こんな後悔をしている人は多いんじゃないでしょうか。

 

後悔はちょっとしたものから一生引きずるものもあります。

 

 

この記事では、「人が人生の最後に後悔すること」

 

 

Bronnie Ware 著作

「The Top Five Regrets of the Dying」(死ぬ瞬間の5つの後悔)

 

 

より紹介します。

 

これから紹介する後悔は、多くの人に共通していました。

 

今を生きる私達は、これからの人生をより良いものにするために、
彼らの後悔を参考にすることができます。

 

 

今の自分に当てはまっているものがある場合、
人生の最後にも後悔している可能性があります。

 

ぜひ今の自分に当てはめ、考えながら読んでみてください。

 

 

■目次

1.人の期待に答えるのではなく、自分のために生きれば良かった

2.働きすぎなければよかった

3.もっと素直な感情を言えばよかった

4.友達と連絡を取り続ければよかった

5.自分を幸せにすればよかった

6.死ぬ瞬間の5つの後悔

 

1.人の期待に答えるのではなく、自分のために生きれば良かった

 

これは一番多い後悔です。

 

「自分のために生きる」というのは、一見当たり前なことのようにも感じます。

しかし、とても多くの人がこの当たり前なことができずに、後悔して死んでいきます。

 

2.働きすぎなければよかった

 

仕事は生きていく上で欠かせません。

 

しかし、働きすぎてしまうことで、
プライベートの時間が無くなってしまったことを多くの人が後悔しました。

 

 

3.もっと素直な感情を言えばよかった

 

 

空気を読んで本当に言いたいことを言えなかった結果、
自分の内に感情を溜め込み、心を病んでしまう人がいたそうです。

 

 

4.友達と連絡を取り続ければよかった

 

 

家庭や仕事で忙しいという理由で、友達との連絡を絶ってしまい、
親しかった友人と会えずに後悔する人が多くいました。

 

 

5.自分を幸せにすればよかった

 

 

周りの目を気にして、自分が本当にやりたいことに挑戦できず
人生を最大に楽しめないまま人生を終えた人がたくさんいました。

 

 

6.死ぬ瞬間の5つの後悔

 

 

いかがでしょうか。

 

「自分はそんなことない」という人もいれば

 

「たしかに後に後悔しそう。。。」と思う人もいたのではないでしょうか。

 

 

もし、自分に当てはまる公開があったなら、
自分の行動を変える良い機会ではないでしょうか。

 

 

過去の人の様々な後悔を活用し、
自分が満足できる人生を過ごしましょう。

 

 

まずは小さなことでも挑戦してみるのはいかがですか。